1. くさやな号の大活躍と、滋賀で、もう一台、車が欲しかった理由

    わたしたちは、2013年秋に 滋賀県大津市、2014年春に 滋賀県近江八幡市で、それぞれ、アトリエと中古住宅を譲っていただきました。

    2014年4月から、二か月かけて、近江八幡の家の片づけをしたのですが、ワゴンRのくさやな号の後ろの椅子を倒して、ブルーシートを敷き詰め、椅子にビニールをかぶせ、そこに、捨てるものを仕分けして袋詰めしたものをガンガン載せて、
    (それは布団や毛布、放置された大量の植物、土、植木鉢、食器、家具、ガラス、サッシ、波板、自転車などなど)・・・合計25回往復して!!!クリーンセンターや最終処分場で、すべて、処分してきました!
    くさやな号、ほんとがんばってくれました!ありがとう!
    (いや、いちばん頑張ったのは、考えて積んでくれて運んでくれた、頭と肉体を使って何とかしてくれた、和彦です(^-^;))

    しかし、古い、雨漏りして濡れたであろう重い重い畳が10数枚あり、さすがに、車高の高いくさやな号でも入らず、、、この時だけは、レンタカーで軽トラを借りてクリーンセンターに運んで処分しました。

    この軽トラ、慣れると良かったので、滋賀の荷物片づけ用に、軽トラが欲しいねと。
    田園風景の多い滋賀県、あちこちに軽トラがあって親近感もまし興味も上場♪
    嬉々として軽トラを探してみたら、なかなかお値段が張ることを知り、青ざめます…。こんな高かったんだー。知らなかったー。。。

    そこで、軽トラはあきらめ
    ——————————————————————————————————————
    1、くさやな号と同等くらいの低燃費
    2、くさやな号と同等の車高で、くさやな号より広くて、くさやな号より荷物が積めるもの
    3、くさやな号は、高速で100キロ出すと横にぶれるので、高速を安心して走れる車
    4、くさやな号は、山道を走り続けると、ゴムが焼けた臭いがして原因不明。
      埼玉の秩父の家の前のぬかるむ坂道、砂利道、泥道、山道に強いものがいい
    ——————————————————————————————————————
    を探すことにします。

    くさやな号は、
    ▼10万キロ走っている
    ▼昨年、エアコンが壊れ、中古品を入れ替えた。
    ▼たまに電気(カーナビとiPod)系統が飛ぶ。
    ということで、限界を感じてもいたのでした・・・。
    しかも、追い打ちをかけるように、クリーンセンター通いで酷使したせいか、タイヤが2本もパンクしてしまい交換(涙*)

    ・・・といろいろありましたが、まだまだ、普通に、町中であれば充分乗れるので。
    この、くさやな号は、滋賀においておいて。
    もう一台、滋賀ナンバーの
    ●荷物が載せて、広くて、高速と山道が安全に走れるもの
    を買い増しすることにしました♪

    こうして、ディーラーさんを見に行ったり、中古車屋さんを見たり、オークションをかたっ端から見始めます。

    「あまり安くないね、、、高いね、、、、いいの無いね、、、」
    明らかに、不安そうです。
    最終的に、スマホで、ヤフーオークションを朝も昼も夜も晩酌中でもトイレでも見続けてました。最初は、ワゴンRの新しいもの、軽トラ、ハイエース、プリウスなども見てましたが、選ぶ基準として、

    ————————————
    1、年式ではなく、(実)走行距離の短いもの
    2、点検記録簿、修復歴のあるもの
    3、ガソリン車であること(私たちの活動範囲内に、軽油スタンドはみつけにくい)
    4、ABS装備のもの
    5、軽なら、スズキかダイハツ
    (スズキは、私たちの活動範囲の、千葉も埼玉も東京も滋賀でもディーラーや工場が多くある。
     ダイハツは、滋賀で多く見かけ、工場もあるのでいいかも?)
    ————————————

    上記5つに絞って選別。特に「ABSは必須!」と熱く譲らなかったです。

    ABSとは何か?
    アンチロック・ブレーキ・システム(Antilock Brake System、略称:ABS)。急ブレーキあるいは低摩擦路でのブレーキ操作において、車輪のロックによる滑走発生を低減する装置である。アンチロック・ブレーキング・システムとも呼ばれる。(Wikipediaより)
    これは、どーーーしても、欲しいそうです。今のくさやな号にもついてて、「これのおかげで救われた」ことが多かったそうです。

    探していくと、良さそうな車は、あるにはあるのですが、
    ●ABS装備
    これ、装備されておらず、はい、さよなら~。。。が多かったです。
    また、
    ●走行距離の短いもの
    これも、めちゃめちゃ少なかったです。あっても、すぐに売れてしまったり、高かったり。。。。

    上記5つと、先にまとめました、
    ——————————————————————————————————————
    1、くさやな号と同等の低燃費
    2、くさやな号と同等の車高、くさやな号より広く、くさやな号より荷物が積めるもの
    3、高速を100キロ出しても安全に安心して走れる車
    4、秩父のぬかるむ坂道、砂利道、泥道、山道に強いもの
    ——————————————————————————————————————
    この4つをクリアする車で、しかも

    お値段がお求めやすいもの

    ここ、いっちばん大事です!!!
    そもそも、くさやな号も、いちばん下取り価格の高いところをネットで探して、わざわざ茨城まで長距離ドライブして、初代ワゴンRを下取りしてもらって、50万くらいで買わせていただいた、思い出たっぷりの車なのです♪
    ですから、価格に関しましては、一切、妥協いたしません!!!

    ・・・となると、すごーく、すごーーーーく、、、、無いです。。。

    良さそうなのがあっても、値段が安くても、リストを眺めるだけで、最後まで、どうしようか迷って迷って、結局見送って、最終的に幾らで落札されたのかを確認する日々。。。

    ・やっぱ、売れちゃったね。
    ・妥当な価格だよね
    ・ずいぶん値上がったね!どうしても欲しかったんだね

    などなど、淡々と見つめながら、慎重に慎重を重ねている感じでした。
    それはそうですよね。車をネットオークションで買うって、怖いですよ。実物を見てないですから、何もわかりませんからね。相手の言ってること、写真でしか判断できません。
    個人の方もいれば、専門業者さんもいますが、もし動かなかったら。。。。返品はききません。買ったお金と同じ金額を、捨ててしまってもいいのか?
    そういう意味で、かなり、我慢に我慢を重ねて用心深く、石橋を何個も叩いて、幾つも壊していた感じです。
    横で見ていた、わたしが、えっ?!その値段でも手を出さなかった?!何か迷っているのかな?・・・と思ったほど。。。

    それが、ある朝、
    買っちゃった!!!希望と全然違う、正反対の買っちゃった♪
    とピカピカの笑顔です。

    今までの我慢辛抱が、爆発したのでしょうか。異様に嬉しそうです!

    さああ~・・・ここからが、ドタバタのはじまりです(笑*)

    続く。

    検索タグ #くさやな号
     

  2. エアコン修理でお世話になりましたのは・・・

    17,000円(本当は19,800円)で、エアコンをつけていただいたり、
    1,800円で、リレーを交換いただいたのは、

    (有)カーフィックスヒラノ
    千葉県富津市大堀1226-4
    電話番号 043-988-0439

    さんです。
    どうもありがとうございました!
    千葉で、車が何かあったら、またお願いしようと思っています(^-^)/★


    また、中古のエアコンのコンプレッサーを、
    5,000円でヤフーオークションで買わせていただきましたのは、

    ▼アークパーツ
    http://storeuser5.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/earcearc1
    千葉県富津市新富21-1
    東日本資源リサイクル株式会社
    http://www.earc.jp/

    さんです。
    アークパーツさんに電話して、
    エアコンを取り付けてくれる、いい業者さん、いませんか?
    とダメ元で伺って、ご紹介いただいたのが、カーフィックスヒラノさんです。
    とっても助かりました。どうも、ありがとうございました!(*^0^*)♪

     

  3. エアコンが壊れて、直るまでの記録。

    2013/7/6
    我が家の車のエアコンが壊れました。
    埼玉県の秩父の山の中から、福島県いわき市に遊びに行った時でした。
    止まったら怖いので、丁度ディラーがあったので急きょ見てもらい!
    応急処置として、焼き付くのを防止するため、
    ベルトを取っていただきました。(エアコンは使えない)

    普通に見積もると、新品に取り換えで6,7万かかるようです。
    10年くらい乗っていて、10万キロ走っているので、
    ならば、買い替えるか?と悩むところのようです。

    エアコン(部品)を売ってるオークションを探しましたが、
    新品でも、中古でも、たかーい!(><)

    また、小さな町工場みたいなお店でも
    ●その部品が無ければ、取り寄せになり、お金がかかり
    ●その部品をつけるのに、工賃がかかる(持ち込みであっても)
    ので、あまり、費用が変わりません。
    和彦としては、2~3万で取り付けられるところを探していたようです。

    しかも!
    うちの車のエアコンは、よく壊れることで有名で、
    その車に乗っている方も多いので、
    ●夏になると、よく壊れる→新品も中古も品薄→オークションだと相場が高くなる
    の悪循環!
    和彦が求める条件に合うお店が、なかなか見つかりませんでした!

    その間は、昼間は出ず、夜に移動し(笑)窓を全開で、風を受けて走りました。
    大渋滞する都内の信号の多いところでは、地獄でした。
    窓を開けてても暑くて、水分とったり、休憩したりで、なんとか耐えました!
    暑い日もありましたが、しばらくずっとエアコン無しでも
    意外や意外、慣れるもので、平気になってました!
    この時の体験から
    ●エアコンなくても、からだは、なんとかなるものだ
    と知りました(笑*)

    後半は、ちょうど、埼玉の秩父にいて、山や森や川が近いので断然涼しく♪
    エアコンなしでも窓を開けてれば快適でした♪
    別にこのまま無くてもいいかなくらいの余裕も出てきちゃったり…(笑)

    さて、和彦は、地道に粘り強くパソコンで調べまくります。
    私たちは、スカパーで、外国で、中古車を買って部品を取り換えて
    レストアして高く売る番組をよく見ているので、日本にも同じような
    修理専門じゃなく、部品を中古パーツで出してるお店はないかと探したのです。

    ドライブがてら、普通の中古車自動車販売のお店じゃない、
    廃車、壊れた車から使える部品を取って扱うパーツ屋さんが無いか
    探したんですが、ちょっと見ただけじゃわからなかったですね。

    ある日、転機は訪れます。

    中古のエアコンをネットで売ってるパーツ工場を発見し!
    落札する前に電話で事情を話し!
    買ったエアコンをつけてくれるお知り合いの業者さん、紹介してもらえません?
    と交渉したのです。

    すると、近くの工場を教えてくださいました!

    こうして、千葉県富津市のパーツ工場で中古のエアコンを受け取りに行き、
    その足で、同じ富津市内にある、工場に持ち込んで、つけていただきました!
    これが、7/20。前日に埼玉秩父から千葉の御宿に移動です。

    中古のエアコンは、5,000円で落札したそうです!
    パーツ工場は、すごく規模が大きくて
    「見せたかったー!絶対ちよ子好きだよ!」と言われました*
    (私は妹のお見舞いにいっていた)

    その足で紹介いただいた工場へ。
    ほとんど常連客の方の車の修理専門みたいです。
    運が良ければ、買い替えで買い取った車を中古販売する時もあるそうな。

    そこでは、17,000円で取り付けいただきました!
    (お菓子を持参したら、おまけしてくださったのです!本当は19,800円!)

    価格の安さに驚きですが、価格だけでなく、ご夫婦でされているのかな。
    旦那さんも、お会計担当の奥様も、物腰柔らか丁寧で、感動したそうです!

    こうして、無事に取り付け完了!
    エアコンはガンガン効いて、最高でーーーーす***

    ・・・ところが、これで終わりじゃなかった(汗;)

    その日の夜、日帰り温泉に寄って出たところで、父から電話があり
    「いま、どこにいる?どっちに帰るんだ?」とお誘いのような感じでした。
    (飲みに行くか~?みたいな軽い感じ)

    和彦は、前日に秩父から御宿まで移動し、今日は御宿から富津まで移動し、
    運転でかなり疲れています。しかし断るのは申し訳ないと思い

    「秩父に帰ります」 といったのです。
    そういえば、あ、今から秩父に帰るのか、気をつけてなと飲みに行くのを
    うちの父が諦めてくれるし、彼も断らなくて済むと思ったようなのです。

    私は、今日、エアコンをつけたばかりなのだから、様子見で
    二日くらいは、このまま御宿にいたほうがいいのではないか
    (何かあれば、富津に行けるように)と思っていたので

    「えっ?!今日このまま秩父に帰るの?!」 と驚きましたが
    和彦が決めたことですから、異論はありません、従うのみです。
    こうして秩父へとんぼ帰り。

    このように強硬スケジュールのため、この後、疲労でグロッキー;。
    夏バテと、日頃の食べ過ぎ(?)もあるのかな。
    秩父に帰って二日間は、調子が戻るまで撃沈でしたが、
    様子見で車には少し乗ってました。
    すると、

    「なんか変だ。ガスが抜けてるかな?!効いてない!」
    となりました。

    こうとわかれば、急いで富津の工場に見せる必要があります。

    「失敗した、秩父に戻らなきゃよかったなーーーー」

    和彦はまだ本調子ではなかったので、たいへん辛そうでしたが、
    私は免許を持っておりませんので、彼が運転するしかありません。
    急いで荷物を積み込んで、ヘロヘロ状態で千葉の御宿にとんぼ返りです(^-^;)

    そして、富津の工場に持って行ったのが7/22。
    ●とりあえず、原因がわからないので、中古のリレーに交換して様子見
    となりました。
    (工事代は、今回は無しでm(__)m)

    リレーって何?そんなのあったんだ??
    と「???」がいっぱいでしたが、それで直るのなら御の字!!!
    ダメもとでも、やってみる価値はあるでしょう!

    7/26。
    こうして数日間、御宿で様子を見て、正常に動いているので
    ●富津の工場に3度目訪問。
    中古のリレーをお返しし、新品のリレーをいれていただきました。

    この時も、「暑いので皆さんで冷やして飲んでください~*」
    とジュースの1ケース(箱)をお土産に持参したら
    「いつも貰ってばかりで、申し訳ないです~」
    「いえいえ、うちの車が変でご面倒おかけして、すみません~」

    逆に「帰りに飲んでください」とジュースを二本いただき(^0^;)★
    消費税をおまけいただいて、1,800円で交換完了!!!

    こちらのお店は、また、どこか何かあれば、修理でお願いしたいです!
    次の車に買い替えも、ぜひ、ここで探したいな!

    技術も勿論だけど、旦那さんも奥様も工員さんも事務員さんも
    みんな、いい人で、丁寧で、とっても誠実なのが伝わってくるんです。
    ほかのお客様への対応も同じ姿勢で、見ていて気持ちがよかったんですよ!
    こういうところで、サービスを受けたいですよね!
    安心して、今後もお願いできるところだと思いました*

    秩父から御宿への移動の疲労はありましたが、
    いいお店と出会えて、満足、納得のいく金額(予想してたよりも安くて驚き!)
    で直してもらえて、ほんとうに良かったです。

    以上、エアコン顛末記でした*
    教訓:あきらめなければ、何とかなる*

    (かかった費用)
    エアコン落札  5,000円
    取り付け   17,000円
    リレー取付け  1,800円
    合計      23,800円
    (2万~3万で抑えたいという和彦の希望通りになりました*)

    検索タグ #くさやな号
     

  4. 車番組の感想 Top Gear USA

    最近、よく見ている車番組です。
    USAということは、本家はどこぞ?イギリスだそうです。
    1977年から放映されている、大人気車番組だそうです。こちらも男性3人。
    すみません、そちらは、まだ見てないのねm(__)m

    このUSAでも、男性が3人でてきます。
    メカに詳しい、眼鏡をかけて、背が高い、太っている、オタクっぽい、ラトリッジ・ウッド。
    壊し屋(?)の、背の低い、ちょい太めの黒髪、口が達者な、アダム・フェラーラ。
    (アメリカで人気のコメディアンらしいです)
    レーサー(実質走り屋。スピードとドリフト狂)の、タナー・ファウスト。

    番組としては、
    ラトリッジが司会する、有名人に車を運転してもらって、そのタイムを競うコーナーと、いろんな企画もののロケの2構成。

    ロケは
    ●最高のリムジンはどれか?それぞれが改造して課題で競い、実際に有名人を乗せてエミー賞授賞式へ。
    ●最高のミニバンはどれか?それぞれが選んだミニバンでロッキー山脈に挑む。
    ●最高のマッスルカーはどれか?それぞれが選んで車で課題で競う。
    などなど。
    3人で「僕は、これだ!」という車を選んで(または改造して)いろいろなお題に挑戦して、競い合うというもの。

    慣れてくると、面白いです*キャラクターがね!意外と味があります。

    最初は、顔だけだったら、背の低いアダムがタイプだったんだけど、口が達者で、意外と勝手気まま。人に厳しく、自分に甘い。たまに、びっくりするようなことをするかな。(だから壊し屋?)
    せっかく普通に走れば、勝てたのに、曲がり損ねて、障害に正面衝突したりね!豚が臭いからと、運んでる最中に置き去りにしたりね(目を疑ったよ。。。)
    協調性は無いですが、車でラグビーをやる自分が出した企画では、最後、タナーにキックを託して、点を取れて嬉しかったんでしょう。抱き合って喜び、「ハグするの?」とラトリッジに驚かれます。車は、こてこてな感じ?古風な車が好きなのかなあ。


    オタクっぽい、メガネのラトリッジは、アダムにいじられるオモチャ*
    でも憎めないね、愛嬌はあるし、やさしいし一番まとも(公平?)なのかな。ただ、被害者意識が強すぎるかな?アダムが選んだ車を、タナーが運転して早くて負けたとき、アダムとタナーが、ハイタッチをしたのね。それを見たラトリッジは、「なんだよ!ふたりで共謀して!やらせか!騙したな!」とカンカンに怒って、ふて腐れて背を向けていってしまったのです。ふたりは別に何も約束してないから、タナーは「?」と唖然としてましたけど。3人というバランスでよく起きがち、かつ、男性特有のやきもちなのかな?あとは、すぐに気持ち悪くなる(笑;)吐いたりね(^-^;)繊細なんでしょう。


    好き勝手して、ずるもする、一番になりたい、ハチャメチャなアダムと。アダムにいじられるのは嫌だけど、車に熱いものを持っている車好きなオタクなラトリッジ。(車の上に自転車載せて自転車をこいで湖を渡ったり、軽トラを前後くっつけて、どっちからも運転できるようにしたりとか)

    その間・・・でも無いかな。別物の、本物のレーサー、ターナー。
    イケメン。さっぱりしたお顔です。で、速さ、機能性を重視した車選びをして、とにかく、ドリフト大好き!ドリフトいつもする!ここ見せ場!(笑*)レーサーなので、スポーツカーをサーキットで運転できるから、カッコいい!役特ダネ* 敵に追われて、一台で逃げる時も、ターナーが運転して、ハラハラドキドキ☆手に汗握って面白かったし!!目隠しして、真っ暗な状態でGSPだけ見てゴールするときも、助手席でパニクッてネガティブモードのラトリッジと、後ろでワーギャー騒いで、いの一番に逃げたアダムと違い、ちゃんと運転してました(笑*)なんだかんだいって、最後まで、使えます*運転の時もでもほんと、スピード速いのが、大好きみたいで、絵になります*

    課題では、レーサーだから、楽ちんで断トツで勝てる場合もあれば、なんで、そうしちゃったかな?!と驚くような「やっちまったな」満載で、こどもか!と!天真爛漫なアホさがあります!考えて計算したんでしょうけど裏目に出るようなこともあって、大いに笑わせてくれます*(わざと壊したり、ひいたり、放り投げたり、置き去りにしたりとかね・・・*)顔はイケメンですが、いちばん、子どもっぽいのかもしれません(?)

    アダムも考え付かないような、突飛な発想で体当たりでやってくれますが撃沈することも多く、アダムにはいいように言われ、ラトリッジにも助けてもらえず、そんな時は、言い訳するでもなく、黙って応じています。
    アダムだったら絶対、言い訳して、食い下がりませんが(ラトリッジなら、ふて腐れたり、すねたりするw)ターナーはすぐに食い下がってしまいますね。聞き分けがいい?押しは弱い?

    そんな3人3様。
    見ているうちに、だんだん、ターナーが好きになってきました*アダムとラトリッジの会話や選んだ車の説明などを聞いて「はーーーーっ???」と驚く、呆れる表情が多いのですが、これが可愛いのです(笑*)

    ターナーは、アダムとラトリッジに「それは無いよ」「ありえない」と散々言われることが多いのですが、彼は二人の選んだ車について、とやかくは、言ってないかな。自分の選んだ車のことは熱く語るけど。結果を見て、イイものはイイ、早いものは早いと素直に認めるのが早い。

    アダムから、「ターナーは色男で女がいっぱいいる」とモテ男のように言われてるけど、そういう感じはしないかな…むしろ、実は真面目で、遊べない、誘えないタイプなのでは…?

    この男性3人が、それぞれ、「俺の選んだ車が一番だ!」と意気揚々と語り合い、子供のようにムキになって負けないぞと競い合い、負ければ悔しがり、ほのぼのと笑いあってる。このバランスが、いいですね*
    (かずくんは、女性を一人いれるべきだと言うけど、要らないかなー。

    この写真、好き~♪

     

  5. 車番組の感想 Counting Cars

    2fbb852d76bfc5a6f7a569d4f194fc4e

    ラスベガスって凄いなー&今日はどんな車をダニーがみつけるのか(笑*)
    カスタムだけ純粋に楽しんで見れる娯楽番組!


    Wheeler Dealers(エドとグッチ)、Fast N’ Loud(リチャードとアーロン)
    の後、見たのが、こちら。

    黒いターバン、サングラス、長髪三つ編み、黒い服で腕出して腕にはTATOOと、
    見た目が、一番、今までで「ワル」!(笑)のダニーと
    スキンヘッドのケビン、金庫番(?)お目付け役の大きい人、
    ペイントは、角が大好きな人と、一癖も二癖もあるショップの面々*

    エドとグッチは、エドの人件費が入っておらず、高く売れないことが多く
    リチャードとアーロンは、腕はいいのに、オークションでさっぱり売れず
    もったいないことが多く、大きな工場に移ったりしたから
    経験面でも、危ない橋を渡ってる感じで、ハラハラドキドキする。

    その点、ダニー達は、一番、経営的に、基盤がしっかりしている感じ。
    場所がラスベガスっ(お金持ちと車好きが多い)てのもあるけど、
    リチャードとアーロンは、作る人ひとりで、経営する人(お金出す人)と
    車を現地に買い付けに行く&売る役目も同じ人だから、必死だし、
    売れないと悲壮感が漂う。

    でも、ダニー達の場合は、ダニーが良い車を探しに行って買い付けてくるけど
    そんなに法外なバカ高い金額は出さないし、無茶はしない。
    多少高めでも、カスタムして、もとがとれるようなイメージをダニーがしていて、
    ちゃんとその通りにスタッフがカスタムして、売却できているので損はしていない。
    お目付け役の背の大きい人が、苦言やダメ出しやハッパをかける役目、
    シビアに見てくれているので、ダニーも安心して(?)良い車をみつけられるみたい。

    そこらへんの、経営が安定していて、お金に困っていない(使えるお金がある)
    技術者もちゃんといる、というバックボーンが揺るがないものだと、
    安心して、カスタムだけ見ていられる。

    Fast N’ Loud(リチャードとアーロン)だと、
    ふたりだけの小さな工場で、毎回、売らないと、カスカスで綱渡り、、、、
    は、見てて、カスタムと経営難のことまで考えなくちゃいけないから
    視聴者としては不安になっちゃうんだよね。(そこがまた楽しみでもあるんだけど)


    この番組の最大の特徴は、ダニーがドライブしながら
    とびきり良い車を見つけては

    「よう兄弟!調子はどうだい?!」
    といきなり話しかけ(笑)
    「いい車乗ってるね!クールだね!」
    と褒めて、
    「俺達、車のカスタムやってるんだ、その車の話、聞かせてくれないかな」
    と、挨拶して安心させて、
    車を道路に横付けさせて、車の話をするという名場面が多々ある。

    これ、絶対、「仕込み」だろうと思う!
    そうそう、良い車が、毎回毎回、通るはずが無い!
    でも、カスタムする人は、車好きだし、話したい人が多いでしょうから
    出演希望者も後を絶たないのでは(笑*)

    だいたい、ダニー達だって、いい車に乗ってるし
    黒づくめ男とスキンヘッドの強面二人組で
    見た目が超やばい・・・普通は絶対止まらないと思う・笑

    そんなふうに、お宝クールのいかす車を見ながらオーナーと話しつつ、
    「幾らなら、売る?」
    とさりげなく聞いてみます。

    あまりに高ければ、無理せず
    「差がありすぎるね、俺一人じゃ決められないし。何かあれば、連絡して。
     今日は楽しかったよ、どうもありがとう」
    とショップの連絡先でも渡して終わらせています。

    無茶しない。ガツガツしていない。
    相手の要望を聞きつつ、落としどころも抑えていて、
    ショップの儲けのことも考えている。
    見た目は、怖い、押しが強そうだけど、交渉はシンプルだしスマートですね。
    安心して見れます。

    ダニーのキャラクターが、とにかくいいです。
    圧倒的なインパクトある存在感で知識もあるし情熱もあるし
    楽しく面白くカスタムしてる(時にキープしちゃうしねw)
    その余裕感が、憧れます*

    この番組のおかげで、
    「ワルでクールなアメ車とクラシックカーとTATOO」に慣れてきました*